FOOD ACTION NIPPON

2019年度入賞産品

湘南ゴールド

産品名(商品名)
湘南ゴールド
企業・団体・組織名
サンクトガーレン有限会社
所在地
神奈川県厚木市金田1137-1
産品の種類
飲料(アルコール含む)
URL
産品に関するPRポイント
神奈川オリジナル柑橘「湘南ゴールド」を使用したフルーツビール
国産原材料のこだわり
神奈川オリジナル柑橘「湘南ゴールド」を使用したフルーツビールです。皮も果汁も捨てる部分なく果実を丸ごと使用。泡から飲んだ後のゲップにまでオレンジが弾けるビールです。インナーナショナル・ビアカップのフルーツビール部門で10年連続入賞。Jリーグ湘南ベルマーレの「ベルマーレビール」としても採用されています。
開発背景や製法のこだわり
神奈川オリジナル柑橘「湘南ゴールド」を使用したフルーツビールです。神奈川が12年の月日をかけて育成したオリジナル柑橘で、2003年に品種登録されました。見た目はレモンのような黄色ですが、食べると甘いオレンジというギャップがあり、他の柑橘を圧倒する華やかな香りをもちます。弊社と果実との出会いは県内に出回り初めた2007年、ビール職人がその香りに惚れ込んで試作を開始。2008年より製造販売を行っています。日焼け果や、傷あり果実などを有効活用しています。果実はビール職人自らが切り、皮も果汁も捨てる部分なく果実を丸ごと使用しています。そのため、泡からゲップにまで、とことんオレンジ弾けるビールになっています。
生産者の特徴
サンクトガーレンは日本で地ビールが解禁する前より、米国でビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”です。それがTIMEなどの米メディアで話題となり、日本メディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じました。造るビールは大手で主流の“ラガー”とは対極の“エール”一貫主義。審査会で受賞を誇る王道ビールや、季節素材を使ったフレーバービールを通じ、クラフトビールの魅力を発信しています。
一覧へ戻る