FOOD ACTION NIPPON

2019年度特別賞産品

湯庵プリン(プレーンはちみつとみのり)

産品名(商品名)
湯庵プリン(プレーンはちみつとみのり)
企業・団体・組織名
株式会社森山
所在地
福島県福島市土湯温泉町下の町18
産品の種類
加工食品(麺類・菓子類、調理冷凍食品、レトルトパウチ食品他)
URL
産品に関するPRポイント
神様がくれた温泉たまごからつくった蜂蜜ジュレの湯庵プリン
国産原材料のこだわり
長年の温泉たまご作りから、旨みが凝縮した卵黄に牛乳、生乳の黄金比で、なめらかで卵のコクが味わえるプレーン。蜂蜜ジュレをトッピングしたはちみつ。四季折々の県産果実(林檎、苺、桃、梨、柿)をとトッピングした果実(みのり)。湯庵プリンはプレミアムプリンとハニージュレ、フルーツのコラボスイーツです。
開発背景や製法のこだわり
東日本大震災に見舞われた福島。土湯温泉も5軒の宿が廃業した。温泉街の復興を期しながら、福島の豊かな自然が生む温泉、卵、果実、蜂蜜と豊かな福島の恵みを表現するスイーツづくりを始める。たまごは県産地養卵使用の温泉たまごの卵黄。蜂蜜は土湯の里山で採取される蜂蜜を中心に使用。県産の林檎、桃、苺、チェリー、梨、あんぽ柿をコラボ。H27年福島県六次化塾に参加/H28年福島産業ファンド支援を得て、レシピ開発。/H28年フェリシモ社スタートラインではちみつプリンが選考/H29年JR東日本社のもの店、フェリシモ、良品計画、県内道の駅にて湯庵プリン販売開始/湯庵プリンはちみつ 料理王国100選2019の認定を得る
生産者の特徴
使命は源泉を守り、その恵みを届けること。当社は土湯温泉にて旅館ニュー扇屋を営なむ。68度の炭酸水素塩泉がフロントの床下より湧く源泉かけ流しの宿。温泉の温度と塩分が極上の温泉たまごを生み、福島の名産品となる。濃厚な卵黄を用いたた女将のプリンは宿のデザートとして好評の一品に。震災後温泉街でプリンを食せるカフェを目指し、プリンチャレンジを開始。湯庵プリンは地元のはちみつ、県産果実をコラボした極上プリン
一覧へ戻る