FOOD ACTION NIPPON

2019年度入賞産品

百三珍 豆腐ジャーキー

産品名(商品名)
百三珍 豆腐ジャーキー
企業・団体・組織名
株式会社タナカショク
所在地
高知県高知市布師田1761
産品の種類
加工食品(麺類・菓子類、調理冷凍食品、レトルトパウチ食品他)
URL
産品に関するPRポイント
シンプルで厳選された原材料を使用し豆腐とは思えない外観と食感
国産原材料のこだわり
こだわり豆腐を秘伝の醤油ダレを使用し特殊な製法にて下処理を行なった豆腐を、オリジナルブレンドしたチップを使用しじっくりと燻製しました。そうする事で、豆腐とは思えない食感と常温で1年と長い賞味期限の商品に仕上がります。たんぱく質・鉄分・ビタミンEが豊富で、防災関連登録製品として認定頂いております。
開発背景や製法のこだわり
ベースとなる豆腐は国産大豆を使用し室戸海洋深層水仕込みで、凝固剤には高知県黒潮町で、完全天日塩にて塩を製造している塩丸にがりを使用、豆腐屋だからこそ原料となる豆腐からこだわって製造をしております。また、燻製を行なう前に弊社独自の特殊な製法により下処理を行う事で、誰も豆腐とは思えない食感を実現しました。使用するタレも砂糖・醤油・みりんとシンプルな原材料を使用し合成保存料や添加物等は使用しておりません。仕上げの燻製の際に使用する燻材は桜チップに、地元高知県四万十町で栗焼酎を製造している会社より、通常で有れば廃棄処分となる栗の鬼皮をいただき、それをブレンドする事で風味豊かな商品に仕上げております。
生産者の特徴
創業以来経営理念である「安心とおいしさ」をテーマに技術の向上、自然環境への配慮、商品開発への姿勢をかたくなに守り続けてきました。一方、この経営理念と素材の良さを活かした新しい商品開発にもチャレンジしており、2010年には豆腐加工品の製法特許も取得いたしました。豆腐は世界に誇る歴史ある食品です。伝統的な味にさらに磨きをかける一方で、これまでの豆腐に対する概念を打ち破る発想で商品開発に挑戦してまいります。
一覧へ戻る