FOOD ACTION NIPPON

イオンリテール株式会社選定
2019年度受賞産品

伝承牡丹焼「鯖ちくわ」

産品名(商品名)
伝承牡丹焼「鯖ちくわ」
企業・団体・組織名
宮城学院女子大学 (連名:水野水産株式会社)
所在地
宮城県仙台市青葉区桜ヶ丘9-1-1
産品の種類
加工食品(麺類・菓子類、調理冷凍食品、レトルトパウチ食品他)
URL
産品に関するPRポイント
レトルト加工した石巻産金華さばの中骨を配合した焼ちくわです。
国産原材料のこだわり
本商品は、国産スケトウダラのすり身に、水産加工後に残る新鮮な金華さばの中骨(未利用資源)をレトルト加工し、落とし身として使用した牡丹焼ちくわです。昔ながらの味を再現するために化学調味料は敢えて使用していません。また、昔ながらの食感を創出するために国産ヨシキリザメの落とし身を加えました。
開発背景や製法のこだわり
北洋転換船の拠点として栄えた石巻市は、古くから練り物業界が集積しており、おでんの具材として欠かすことができない牡丹焼竹輪の発祥の地とされています。本商品は、石巻市において昔から受け継がれてきた原点の食感を再現するために、国産のスケトウダラのすり身にこだわって使用しております。また、地場の魚の味を創出するために、産学連携体制で開発したレトルト加工を施した「金華さば」の中骨とヨシキリザメを落とし身として使用しています。これらの落とし身を配合することにより、魚本来の風味とモチモチとした食感が感じられる焼ちくわに仕上げることができました。
生産者の特徴
宮城学院女子大学石原研究室は、石巻市の企業と連携しながら、地域の産業復興に資するための商品開発を行っています。商品開発に際しては、オリジナリティを創出するために未利用資源を有効活用するための方策について研究しています。連携事業者の水野水産株式会社は、練り物を中心とした製品を製造しているメーカーであり、石巻の地域性を生かした商品ラインナップである「魚町シリーズ」を産学連携体制で開発しています。
一覧へ戻る